個人事業 ETC 割引 申込み マイレージ マイル

コチラで紹介した個人事業でも作れるETCカードには、マイルありバージョンもあります(・д・´*)

「マイルありバージョン」と「マイルなしバージョン」の違いは、マイルの有無だけなんでしょうか?
(ETCマイレージサービス詳細はコチラ♡)

違いもチェックしつつ、個人事業でも作れる法人ETCカード(マイルあり)の内容をみていきましょう♡

スポンサーリンク

ETC協同組合のETCカード(マイルあり)

「ETC協同組合ETCカード(マイルあり)」の特徴と手続きの流れは、下記のようになっています。

<特徴と割引>

「ETC協同組のETCカード(マイルあり)」の特徴は

  • クレジット機能なし(ETC限定)
  • 請求書の利用明細で利用状況を確認できる
  • 必要枚数の申込み可能
    ※従業員がいる場合は複数枚申込みできる
    ※発行手数料・取扱手数料が必要
  • 社用車以外でも利用できる
    ※レンタカー・従業員の車など利用制限なし
  • 申込み時に10,000円の出資金が必要
    ※脱退時に返金されます
  • カードの発行手数料は、864円/枚(税込)
    ※別途、年1回の取扱手数料864円/枚(税込)が必要
  • 走行金額の8%が手数料として請求される
    ※請求書作成費用・信販会社への立替保証など

となっています。

ここで1つ目の「マイルなし」との違いが出てきました。

走行距離によって発生する手数料が

  • マイルなしバージョン 5%
  • マイルありバージョン 8%

となっています。

スポンサーリンク

ETC協同組のETCカード(マイルあり)で受けられるETC割引は

  • 平日朝夕割引 50%オフ
    ※大都市近郊区間以外の最大割引
    ※土・日・祝を除く
  • 休日割引 30%オフ
    ※2014年7月1日より地方部限定・土日祝の終日 軽自動車および普通車のみ
  • 深夜割引 30%オフ
    ※0:00~4:00

という内容。

ここで、2つ目の違いが(`・ω・´)

「平日朝夕割引50%オフ(最大)」という割引が増えました
頻繁に割引を受けられる環境の方にとっては、かなり大きい違いですよね♡

手数料の差は3%ですもんねー。

こちらも申込み時に出資金として1万円が必要になりますが・・・
「マイレージなし」と同じく、脱退時には返金されるとのこと。

カード発行時と利用時に

  • カード発行手数料 864円/枚
  • カード取扱手数料 864円/枚
  • 利用金額の8%

がかかりますが・・・

割引とETCマイレージがあるので、利用環境によっては「マイルなし」と比べるとかなり差がつきそうです(o・∀・o)

割引対象条件に高速をよく使うなら、「マイルあり」の方が断然お得ですね♡

仕事に車を使わない(免許もない)ので、利用レポはできませんけど・・・
個人事業でETCカードが作れるとは思っていなかったので、ちょっと驚きました。

詳細は、コチラ↓


<申込み・支払い方法について>

ETC協同組合ETCカード(マイルあり)の申込みの流れは

      ①メールフォームにて必要事項を入力して送信
      ②カード申込書が届く
      ③申込書・添付書類を返送、出資金の入金

となっています。

「マイルなし」と同じで、個人事業の申込みで必要な添付書類は

  • 所得税確定申告書(写し)
  • 車検証(写し)
  • ETC車載器セットアップ証明書(写し)

となっています。

こちらも法人の場合は「所得税確定申告書」ではなく、「履歴事項全部証明書(3ヶ月以内発行)」の添付が必要。

利用料金の請求・支払いは、

  • 締日:月末締め
    ※翌月20日頃に請求書発送
  • 支払:翌々月5日に口座振替

という条件。

これも同じですね。

他に漏れている違いがあるかも知れませんが・・・

大きな違いは

  • 走行金額による手数料が違う(5%と8%)
  • ETC割引が違う(平日割引の有無)

の2つだけでしょうか。

詳細は、コチラでご確認ください(。-人-。)


マイルなしは、コチラ↓

スポンサーリンク

個人事業でも作れる法人ETCカード(マイルあり)!ETC割引も受けられる♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.